2017年05月04日

男の子育児で驚きと納得

養子を迎えるにあたって
我が夫婦がだした希望は
「出来れば男の子(でも女の子でも良し)」
でした。

待望の男の子に恵まれたものの、
姉妹に囲まれて育った私にとって
男の子は未知の存在。

まだ息子が乳児だった頃
オムツを換えようとした時に
おちんちんが立派に主張!!
で、驚愕したことがあります。

こんな小さなときからとは...
知らなかった...(^-^;)

生まれ育った国や人種、宗教などなど、
相手を理解しがたい要素というのはいくつもあるけれども
男と女(性差)を超えるものはないであろう!
と、思った瞬間でした。

そして、
国籍も性別も育った文化も違う男である夫と
喧嘩になるのはしょうがないのだな、
と納得した瞬間でもありました(笑)

*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**

この週末から息子は、
いっちょ前に
立っておしっこをするようになりましたよ。


人気ブログランキングへ
【関連する記事】
posted by Ryder | Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  [Sponsored Link]