2017年04月16日

血のつながった“親”の呼び方

いわゆる
生物学的な親のことを何と呼べばいいのか。

私たち夫婦間では、
息子を産んだ女性について話をする時
「彼女」
と呼んでいます。

実母でも
産みのお母さんでもなく。

息子の両親は間違いなく私たち夫婦であり、
実母は私。

そして、血がつながっているだけで
母親/父親になれないことは
辛いニュースを見ていても分かること。

だから私たちは、
息子にお母さんが2人いる
という考え方もしていません。

でも、息子に告知をする際に
彼女のことを何と呼ぶのか。

告知をしたら
息子との会話にも出てくるでしょうし、
「彼女」ではない呼び方を
考えておいた方がいいですよね。

生物学的な父親の呼び名ももちろん。

*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**

私たちと彼女の間には交流がありません。
(それが彼女の希望でした)

でも妊娠中に
彼女がどれほど息子のことを大事に思っていたのか
私たちは知っています。

いまの息子の写真を送ったら
喜んでくれるのではないかとは思うのだけれども。。。
新しい人生を送っていたら
迷惑なだけ、なのかな。


人気ブログランキングへ
タグ:養子
posted by Ryder | Comment(0) | 養子であること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

  [Sponsored Link]